--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.30
Sun
数値的な積分方法で有名なのが、台形公式とシンプソン公式です。
わけあってマイコンに積分させる用事ができました。
計算量の問題から台形公式を選ばないといけないと先輩から聞いていました。
先々週、アルゴリズムとデータ構造の授業が先生が出張で自習となりました。
その時間に見つけた、「Aitken加速 or Richardson補外」を使えば、台形公式の精度を上げられる!
と思って、今日まで調べていましたが、台形公式をRichardson補外したものがシンプソン公式でした。
もう落胆ですよ……。
以下参考URLなど
関連記事

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。