--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.18
Sat
以前紹介したパイこね変換
パイをこねるとき、半分にして折り返して伸ばすを繰り返すことで、パイ生地の材料が一番よく混ざるんだとカオス理論で証明されているらしいです( ゚д゚ )
数値的にパイこね変換は、2倍することが基本となります。
そのときパソコンで計算できない(誤差も2倍となるため)らしい。
以前、分数ライブラリを用いてパイこね変換を正しく計算された方がいらっしゃいました。
そこで、僕も自作の分数ライブラリをつくって計算してみました。

分数ライブラリ(自作)(C言語)
frac_header.txt
サンプルプログラム(C言語)
frac_test.txt
C++で作れればもっと使いやすいライブラリとなるでしょう。
でも、不幸なことにC++経験が足りないので時間があったらやってみようかなと思います。
まず失敗例を示します。浮動小数点数演算の丸め誤差のせいでまともに計算できていません。
つづいて、分数ライブラリを用いることで成功した例を示します。
分数ライブラリを作ったのは初めてでした。
約分に最大公約数を求める必要がありましたので、ユークリッドの互除法を勉強しなおしました。
忘れている内容がこうして思い出せるのは少し面白いですね。
関連記事
comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。