--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.27
Sat
WEBデザインのお話です。
パソコンの高速化も著しい最近ですが、その反面低スペックなパソコンが置いてけぼりを食らっている側面もあります。
この問題は、WEBデザインにも顕著に現れています。
パソコンの高速化に伴って、JavaScriptやFlashコンテンツで動的演出を導入しているページが多くなっています。
表示が遅いページはユーザに嫌われます。表示が遅いとき、ユーザはそのページから去っていきます。
Amazonでは、0.1秒だけページが表示されるのが遅くなると、売上が1%落ちます。
Googleでは、0.5秒遅くなるとアクセス数が20%落ちます。
(引用元:WebDesigning 2010年4月号 pp.58) 現在そういった表示の遅さを改善するために、CSSファイルやJSファイルを軽量化することが実践されています。
そこで!
僕もC言語で作ってみました。
CSSファイル中のスペースや改行を削除して、ファイルサイズの削減ができます!






と言ってみたものの、fc2ブログはたしかzipがuploadできない・・・。
作ったよ。っていう報告でした。そう思ってください。
関連記事

comment 2
コメント
回線の速度とかにもよるけどね。

売り上げとか、顕著な数字が出ますよね。
そういうところの研究ってスゴイと思う。
研究が進めばモバイルからでもPC向けページを気軽に楽しめるようになりますかね?

具体的な例を考えれば卒検にも使えるような…
anka | 2010.03.28 00:13 | 編集
年々、インターネットのトラフィックが増加し、バックボーンを圧迫しているようです。
その原因の1つに、Webページのリッチ化が上げられるようです。
ファイルサイズの削減は、この問題に対して大きな効果があると思います。
僕らが回線を圧迫されずに快適にネットサーフィンを楽しめるように頑張ってください!!


追記
古いパソコンは、経年劣化に伴い故障する可能性が高くなります。意外と埃が溜まります。
マニアックな話ですが、2000年代前半は安価な不良電解コンデンサが多く出回った時期なので気をつけてください。
ken | 2010.03.29 01:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。