--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.08
Tue
JavaScriptとアニメの話題(追記)です。
JSの文法の練習と一緒に、ライブラリであるJQueryの練習をしています。
本来の文法で成し得ない(難しい or 面倒くさい)ことがライブラリの存在によって(単に)実現できてしまいます。
それを知ったあとでは、ライブラリのありがたさをすごく感じます。
僕はまだまだ初心者の域です。しばらくは、JSの本来の勉強をしようと思います。
現在は、構造 or マークアップ(xhtml)とビヘイビア(js)、プレゼンテーション(css)の分離を勉強しています。cssも現在並行勉強中です。
ビヘイビア(behavior)の分離には、JSのイベントハンドラをイベントリスナーに変える必要があります。
ここが難所でした。でもちょっと楽しかったです。
自分専用のライブラリを作っていく過程は不思議な充実感があります。C言語でも同じですね。
ここまで読んでる人で、プログラミングをやってない人はほとんどいないと思いますが、JSであればメモ帳とブラウザ(オフラインでも可能)だけあればプログラミングが出来ます。
興味沸いた人はぜひやってみてください。

追記よりアニメ(涼宮ハルヒの憂鬱23話のレビュー)の話題です。
アニメの話題が苦手、嫌いな方はお控えください。嫌いなもの、苦手なものを無理に見ても楽しくも面白くもありませんから。
エンドレスエイトの最終話から見ていなかった涼宮ハルヒの憂鬱ですが、今日23話(最新ですかね?)を見ました。
アニメ見るのはとても久しぶりです。
原作は全部読んでいたんですが、やっぱり1年以上前に1度読んだだけだったので記憶が曖昧でした。
23話には我慢しかねたキョンがハルヒに手を上げるシーンがありますが、あのシーン大好きです。
スカッとしました。キョンナイス!
BGMも相当良かったですし、その段階に至るまでのキョンの苛立ち具合の描写がとてもよかったです。
ハルヒが「みくるちゃんは私のおもちゃなの!!」と言ったときには、一視聴者である僕も「は!?」とはっきりとした苛立ちを覚えました。
ここのシーンは今までのシーンと違い、カメラワークと人の動きが激しくなります。数秒ですが。
身振り手振りがとても細かく描写されていたように感じました。
それにキョンが手を振り上げたときに、一瞬ハルヒの目がアップで写されていたのもポイントだと思います。
最後に、キョンが手を上げるシーンでキョンの右腕を掴んで止める古泉がいますが、古泉はもともとキョンの左側に居ました。
わざわざキョンの右側に回りこむでしょうか?ちょっと疑問に思ったことです。
(こんなとこつっこんでも意味がないですね。小言だと思ってください。)
悪趣味と言われるかもしれませんが、こういった人の感情の昂りが描写されるシーンはとても好きです。
efのドロドロ加減とかも大好きです。
それは、僕がどこか心の奥底で現実にドラマのような感情的な熱い展開を望んでいるのかも知れません。
もっと楽しく激しく生きていたいものです。
アニメでもゲームでも最近はOST集めにハマっています。
使われているシーンの代名詞とも言えるBGMはとても魅力的なものが多いです。
BGMを聴くだけでも、そのシーンが脳内で再生されることもしばしば。
共感を抱く方も多いのではないでしょうか。
今回も1.キョンが手を上げているシーンと、2.谷口が最後に「映画だと?ふんっ。どうせ、ごみみたいなもんになる。決まってるぜ。」と言った直後、3.CMに入る直前(提供)に流れるBGMがとても好きでした。
たぶん、OST買うと思います。
関連記事
comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。