--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.28
Fri
最近、活字離れしてるなぁーと思ったので、小説(ラノベ?)を読み出しました。
本を読んだとしても、本のカテゴリが専門書です。
たまには物語を読みたいと思って、電撃文庫の本棚へ突入しました。
そこで買ったのは、「さよならピアノソナタ」と「神様のメモ帳」です。
ほとんど表紙の絵に惹かれて買ったのですが、とても面白いです。(イラストは前者が植田亮さん、後者が岸田メルさん)
まだ、両方とも読み終わっていません。
さよならピアノソナタは3巻(全4巻)、神様のメモ帳は1巻(未完)です。
今、僕は神様のメモ帳2巻読んでいます。
さよならピアノソナタはクラシック音楽がとても多く出てきて追いつくのが大変です。
そのためなのか、主人公が鈍感すぎるのか、なんだか少し物足りない気がします。
神様のメモ帳は、まだなんとも言えません。読み始めたばかりの2巻に期待です。
レビューを読むと、推理要素が多いので楽しみです。
活字離れしてきたかも・・・と思っている人はどうぞ読んでみてください。
関連記事

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。