--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.06
Mon
あなたは、「宇宙に初めて行ったのは、人間だ」と思っていませんか?
実は、宇宙に初めて行ったのは「人間」ではなく「犬」だったのです。




その犬の名前は、「クドリャフカ」(←正式な名前ではありませんが、ここではこう呼ばせていただきます。)です。

私は今日、初めてこのことを知りました。
最初は、何か喜ばしいことかと思いましたが、gooでクドリャフカと検索するとわかりますが、この犬は「人間の身代わり」になったのです。

冷戦の中、旧ソ連は宇宙にクドリャフカを送りました。
そのクドリャフカの乗った宇宙船は回収できないことが前提でした。そして、クドリャフカはそのまま宇宙船内で息絶えてしまいました。

こういったことがあったことで今が存在することを実感すべきだと思います。

私では文章が、よくわからなかったかもしれません。
けれど、これを読んで、もう少し詳しく知りたいなと思った人は
ぜひ↓のURLにアクセスしてください。
http://ubonpage.at.infoseek.co.jp/Kudryavka.html
凡様が作成してくださったFlashアニメーションです。

私たちはこのような悲劇があったことを忘れてはいけないと思います。
関連記事
comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://watashihayamagi.blog74.fc2.com/tb.php/15-bf6afe3c
トラックバック
コメント
クドリャフカァー(つ△T
いやはや…少し涙腺が緩んでしまいました><;
何か新しい、画期的なもののが出来る裏には必ず彼女のような犠牲があったんですね……
それに感謝と敬意を表しつつ、なおかつ忘れないようにしていきたいですね
TKR | 2006.11.08 20:15 | 編集
今なおも、実験されている動物がたくさんいます。やはり、必要だとしてもなるべくそんな事態は避けたいです。
僕はこのクドリャフカの件で、このことを知りました。僕は世界の明るい部分しか見ていなかったかもしれません。これからは、できるだけ明るいことも暗いとこも見ていきたいと思います。
たまのび | 2006.11.09 18:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。