--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.30
Tue
今日は、ビジネプラングランプリin新潟の結果発表の日です。
さきほど、選考結果を伝えるメールが届いたので、結果を報告します。
優秀賞に選ばれました

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
12月24日に優秀賞の中から最優秀賞のグループを選出するそうです。
嬉しい限りです。
スポンサーサイト

comment 0
11.29
Mon
長岡大学で夏休みに行われた起業家塾に参加してから3ヶ月以上が経ちました。
光陰矢のごとしとはよく言ったものです。
10月の終わり、今から1ヶ月前に新潟県主催のビジネスプラングランプリに応募しました。
夏休みが終わり、学校が始まって少しずつ忙しくなる中でビジネスプランを仕上げるのは非常に大変でした。
ビジネスプラングランプリの結果は明日発表となります。
辛かった分、いい結果が残るといいなと思いますが、どうも自信がありません。
いい報告ができるよう祈ります。

話は変わって、12月2日にはロボカップのミーティングがあります。
ついで、同日に長岡大学の起業家セミナーへ行ってきます。
起業家塾でお世話になった先生方にもお会いできると思うので、そのときにグランプリの結果をお伝えしようと思っています。
直接感謝の言葉を伝えたいです。
またまた話は変わって、12月3日金曜日には幕張メッセに行ってきます。
その日幕張メッセでは、セミコンジャパン2010が開催されます。
半導体や電子部品の展覧会みたいなものです。
友達と2人で行こうという話になりました。
その友達は金曜日に授業がないのですが、僕は3コマ取っているので、さぼって行きます。
遊びに行くわけではないので、サボりというのも変ですが。
宿泊費は高いので、日帰りです。
この頃いろんなことやっていますが、受験生であるという自覚を忘れずに節度を持って行動したいと思います。
P.S.もうすぐ応用数学のテストです。

comment 0
11.29
Mon
包絡線(ほうらくせん)が一度で正しく変換できませんでした・・・。理系としては少しさびしいです。
カオス理論の用語のひとつに「ぱいこね変換」という言葉があります。
カタカナ表示でもないので、何か数学用語としては違和感がありますが、確かにある言葉です。
調べてみるとカオスを生成するロジスティック写像とぱいこね変換は似ているみたいです。
ぱいこね変換とロジスティック写像
http://gascon.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_e202.html
かの有名な「渋滞学」で、カオス理論ついでにぱいこね変換が紹介されているようです。
僕は読んでいないので、確かなことは言えませんが。
ぱいこね変換は、パソコンで計算すると誤差が倍になっていって最終的に0になってしまうようです。
分数ライブラリを用いて計算させた人がいました。
分数ライブラリを用いたぱいこね変換
http://d.hatena.ne.jp/yatt/20080926/1222406535
Pythonのソースコードが載っていますが、僕はPython使ったことがないので、アルゴリズムだけ参考させてもらおうと思います。
インターネットの面白いところは、調べれば調べるほどたくさんの用語が出てくることです。
言葉を知ることに関しては特化していますが、情報が飛び飛びになってしまうので、理解しづらいかな?と思うことがあります。
そういうときには、やはり文献の出番だと思います。

comment 0
11.29
Mon
TeXとはマークアップ言語の1種です。「TeX」という文字は、「テフ」と読みます。
TeXは、組版処理ソフトウェアです。スタンフォード大学名誉教授であるDonald Ervin Knuthさんが作成されました。
長岡高専電子制御工学科では、毎年学生実験をします。
3年生になると、実験レポートを作るときにはTeXを使いなさいと指導されます。
TeXの特徴は、数式が綺麗に書け組版(レイアウト)はある程度ソフトウェアが行ってくれることです。
Microsoft社のWORDと違って、その場で状態が確認できません。
コマンドの入力が必要となります。

実験レポートの作成にあたって、必要な要素はグラフです。
TeXの使い方を指導されるときに、gnuplotの使い方も教わります。
gnuplotとは、グラフ描画用のソフトウェアです。
綺麗にグラフを書いてくれたり、演算してくれたりとなかなか便利です。
僕はUSBメモリに入れて愛用しています。
gnuplotの問題点は若干フォントが汚いことです。大して気にならなかったりしますが、やっぱり気になります。
そんなことを思って少し調べたらこんな記事を見つけました。
TeXフォントをgnuplotで使う方法
少し自分でやってみようかなと思ったのですが、設定が面倒くさい+使うときにも面倒くさいので断念しました。
メモ程度にこのブログに書いておきます。

参考URL(Wikipedia):http://ja.wikipedia.org/wiki/TeX
参考URL(Wikipedia):http://ja.wikipedia.org/wiki/ドナルド・クヌース
comment 0
11.28
Sun
セレンディピティ(Serendipity)という言葉を知りました。
これは、目的のものを探している最中に別の価値あるものを見つけ出す能力のことを言うそうです。
この能力を持った人は複雑でしょうね。でも僕は欲しいです。
何からこの言葉までたどり着いたのか忘れましたのが悔やまれます。
成人するまでに、いろんな知識や見識を身につけたいです。

参考URL(Wikipedia):http://ja.wikipedia.org/wiki/セレンディピティ
comment 1
11.26
Fri
計算物理のためのC/C++言語入門
http://www-cms.phys.s.u-tokyo.ac.jp/~naoki/CIPINTRO/
続・MMDで2重振り子のカオス
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9817778
2重振り子のシミュレーション
http://brain.cc.kogakuin.ac.jp/~kanamaru/Chaos/DP/
数学のテスト(ニコニコ動画)僕は5問しか解けなかった。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm746216

comment 0
11.26
Fri
自然数とは0より大きい整数のことを言います。(0を含んだ定義の仕方もある)
その自然数の中でも、「おお!これはすごい!」と思えるものを集めた動画を見つけました。


comment 0
11.25
Thu
今日は電気回路のテストが返ってきました。
結果は大惨事。80点満点中、35点でした。
前日もAVAっていうオンラインゲームしてたせいです。
ああ。
電気回路の授業で数学がドンドン進んでいきます。
一応工学系学生ですから、ツールとして使えればいいと言われましたが、証明とか気になる…。
フーリエ級数→フーリエ変換→ラプラス変換→ラプラス逆変換→ジョルダンの補助定理→コーシーの積分表示の定理←イマココ
複素関数の範囲になってきてさっぱりです。
今日は、復習して寝ます。次のテストでは満点を狙います。さもないと単位を落としてしまいます(;´Д`)
複素関数論入門
http://next1.msi.sk.shibaura-it.ac.jp/MULTIMEDIA/complex/complex.html
comment 0
11.23
Tue
ロジスティック写像に関スルめも追記
http://www.fuchu.or.jp/~staguchi/Topic/Chaos/logistic.html
2重振り子のカオス(ニコニコ動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9817778
ランダムウォーク
http://takashiyoshino.random-walk.org/memo/keikaku_ensyu/node2.html
ルベーグ積分
http://hb3.seikyou.ne.jp/home/E-Yama/Lebesgue.pdf
テンソル積
http://members.jcom.home.ne.jp/1228180001/whats%20tensor.htm
流体力学
http://kenzou.michikusa.jp/FL-Dyn/FluidDyn.html

comment 0
11.21
Sun
今日はこの問題を解きました。
問題
高校生でも解ける問題です。
以下、解き方
極限の問題
上の画像(クリックで拡大できます)では、ロピタルの定理を使用しているので大学レベルですね。
うまく変数の置換を使えば、ネイピア数の定義式に変形できます。
自力では解けなかったのが悔しい限りです。
高校レベルの解き方(クリックで拡大できます)。答えを知った後自分で解きました。
極限の問題

comment 0
11.21
Sun
ロジスティック写像に関するメモ(URL)
http://mathworld.wolfram.com/LogisticMap.html
http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/function/logisticcurve.htm
乱数検定
http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~ebsa/wakimoto01/pdf/ch03.pdf
http://takeno.iee.niit.ac.jp/~shige/math/lecture/misc/rand1/index.html
乱数生成
http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~ebsa/wakimoto01/pdf/ch02.pdf

comment 0
11.20
Sat
最近、デスクトップの壁紙をマンデルブロ集合にしました。
マンデルブロ集合とは、フラクタルの一種です。
フラクタルとは、全体としてある形を持つ図形を拡大したら同じような形の図形がでてくるような図形を言います。(幾何学の概念)
氷の結晶に似ているコッホ曲線(コッホ雪片)とかが有名です。
マンデルブロ集合は、そのフラクタルの中でも一番有名です。
マンデルブロ集合は、少し不思議な形をしています。
下に示す画像はマンデルブロ集合の一部です。
mandelbrot1
画像は、ぐるぐるまんでるというフリーソフトで描画しました。ソフトの作成者に感謝致します。
拡大していくと下のような画像が見られます。
mandelbrot2 少し気味が悪いですね。

全体の形が一部分の形によく似ている図形は、自然界に頻繁に現れます。
例えば、木の枝分かれの部分。遠くから見た木の形は、枝分かれの部分にもよく似ていると思います。
厳密に同じわけではないので、「似てるかな~?」程度ですけど。
この全体と一部分が似ている性質を自己相似性といいます。
自然には、自己相似性を持った物がたくさん存在するらしいです。
これを利用してフラクタル圧縮という新しい圧縮方法が研究されています。
少し興味のある人は、シェルピンスキーのギャスケットとかで検索をかけると面白いかも知れません。
ぜひ数学に興味を持ってください☆(ゝω・)v
comment 0
11.14
Sun
長岡大学地域研究センターシンポジウム
http://www.nagaokauniv.ac.jp/m-center/chiken/sympo_22.html これに行ってきました。
起業家塾で知り合った長岡大学の先生に誘われて行ってきました。
事業の知識なんて起業家塾でかじった程度にしかなかったのですが、基調報告で足並みを揃えてくださったのがありがたかったです。
内容は思っていた以上に面白くて、小田島先生のお話には涙を流しそうになるくらいでした。
小田島先生自身も仰っていましたが、「漫画のような人生」という表現がぴったりだと思います。
すごく苦労して辛さが伝わってくる物語でした。
長岡大学の井本先生の基調報告は長岡市の企業の状況がよくわかる報告でした。
クロス集計という言葉は初めて聞きましたが、すごく分かりやすかったです。
統計のまとめ方にはいろんな方法があるんだな、と勉強になりました。
休憩を挟んで始まった、パネルディスカッションでは有名な先生の生の意見が聞けたことに感動しました。
紙にまとめた発表などとは違って、その場でその人自身が考えて発言する。
こんなに生の意見が素晴らしいとは、思いもしませんでした。
少し議題が迷走気味で、よく分からない部分も多かったですが、興味深かったです。
パネルディスカッションで、シンポジウムは〆となりました。
パネルディスカッションにも参加していた先生に僕を紹介して頂きました。
何もお話できず、自己アピールもできず、名刺の受け渡し方も間違え、自己評価は散々です。
帰りの車の中では、「ミスったああああ」と後悔しながら運転していました。
17:20ころに終了となったので、そのまま長岡高専に舞い戻りました。
ロボティクス部のロボカップ班ミーティングでした。
だらだらとメカの仕様を決めてお開きでした。18:30頃終わりました。
もう日が短くなって真っ暗の中車を走らせて帰りました。

余談
スーツなんて久しぶりに着ました。フォーマルな格好はすごく好きで、ビシッと気合が入ったように感じます。
自然と姿勢もよくなっていたかも。
毎日スーツで学校通いたいくらいです(ぇ

comment 0
11.13
Sat
まぁTwitterのせいで日記書いてないですね。
僕は元気でがんばっています。
先週には、電磁気学のテストが実施されました。

結果は満点でした^^

純粋にうれしいです。ちなみに平均点は72点でした。
赤点のボーダーラインが60点ですから割と高い点数です。
今週はオペアンプの実験レポートが大変でした。
自分だけでは間に合わなかったんだけど、友達に救われました。
来週は電気回路のテストです。
4年生は割と暇ですが、気が抜けないし、受験も近いので一生懸命後悔しないようがんばります。
comment 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。