--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.25
Wed
色彩検定3級をゲットしたわけですけど。
PCCSでHue-Tone(ヒュー・トーン)システムを学びました。
ですが!
実際にWebデザインで使うRGBや、印刷(DTP)で使うCMYKなどはヒュートーンシステムじゃないのです・・・
このままだと勉強したことが活きない!
そこで・・・変換できるようにプログラム作っちゃいました!


と言えるとカッコよかったんですが、頓挫しました(^ω^)
まず、PCCSとRGBの対応表がなかった(公式的な)のと、すでに表が非公式に出来ていることが主な原因です。
前者はPCCSとRGBでは、表す対象の色が違うので、当然対応表はありません。
PCCSでは物体自体の色を表しますが、RGBでは光源の色を表します。
それでも、トーン(ビビッドやソフト、グレイッシュなど)で統一したいと考えたら必要にもなります。
まず考えたのが、PCCSをHSV(HSB)に変換することです。
HSVとRGBの相互変換方法は知っていたので、PCCSをHSVに変換できればなんとかなるだろうと考えました。
まず探したのが、PCCSの明度表です。各トーン、各色相の値がどのくらいの明るさを持っているか表にまとめたものが1級の教科書に載っているらしいです。(僕は2級の教科書までしか持っていません)

(出典:http://shikisaikentei269.seesaa.net/article/141832416.html)
こちらと2級巻末のデータを参考にOpenOfficeのcalc(Microsoftのexelのようなものです)にまとめました。
2級の教科書の巻末には、トーンそれぞれの彩度について記載がありませんでした。
このあとで間違えてしまいました。
僕はてっきり、HSVの彩度と明度がPCCSの彩度と明度にきっちり対応すると思っていてそのまま作ったわけです。
すると、綺麗な赤色で出るはずのv2は、くすんだ黄色になってしまいました。
そこでやっとおかしい!と気づき、調べたところ・・・
ほぼ求めていたものとおなじものを発見。こういうとき萎えますよね。
ついでに眠くなったので作るのやめました。
挫折。
スポンサーサイト

comment 5
04.18
Sun
あなたは無駄にしている時間について考えたことがありますか?
時間について考えましょう(クリックするとおっきくなります)
こんなこと問いかけてますが、あんまりガラじゃありませんね
画像まで作っちゃった。所要時間30分。これこそ無駄かな・・・?
では、本題
寮生活から通学生活に移り、時間への考え方が変わりました。
寮から学校(教室)は10分も掛かりません。非常に時間があります。
それに比べ、通学すると1時間以上かかります。寮とは真逆にまったく時間がありません。
帰ってきて、ご飯を食べ、お風呂へ入るともう9時くらいです。
朝が非常に早いので5時くらいに起きなければなりません。
そのため寝るのは、11時頃。6時間くらいに設定しているのは、最近テレビの健康番組で見た影響です。
余談ですが、人は6時間半寝ないと健康的に良くないらしいです。(もちろん個人差あります。自分に合った睡眠時間を探すのがいいと思います。)
話は戻ります。
僕は、寮で過ごしていたときには時間が足りないと思っていましたが、だらだらと過ごしていた時間も多かったと、今では反省しています。
今では、非常に無駄のない時間を過ごしています。
4年生になって勉強(来年受験もある)する時間が必要になりました。
しかし、時間がない。
そのときに趣味の時間、無駄にしている時間について考えてみたところ非常に無駄な点が多く見つかりました。
夜型にならずに済むし、いつも外の空気に触れることができるし、僕は満足しています(もちろん不便な点もあります)。
少しあなたの使っている時間について考えてみてはいかがですか?
comment 1
02.20
Sat
前にも紹介しましたが、以下の記事がどうしても気になるので少し書こうと思います。
「日本人はバカになった」は本当か
僕もなんとなくですが、「日本人はバカになった」と思っています。もちろん自分も含めてのことです。現に、僕らの長岡高専では上級生からのレポートのコピーが日常的に行われています。参考にする分にはいいと思いますが、コピペ(コピー&ペースト)済ましたりする人も見られます。コピペで作ったレポートが先生に見つかって少し問題になった事もありました。
レポートは自分で考えて作らなければならないと思います。いえ、強制するつもりはありません。自分のために写すのはよくないと思います。
すべては自分のためです。中学校までとは違い、高校や大学などは自主的な勉強のため通っているはずです。
確かに社会的には、中卒で就職は難しいという事実も存在します。そういう意味では、高校も大学も強制的に行かされていると言えるかもしれません。
日本は、戦後に比べはるかに勉強する環境が良くなっています。環境が良くなった分、勉強させられているという意識が大きくなっているのではないでしょうか。
「日本人は勤勉だ」と外国が言われた時期もありましたが、今でも果たしてそう言えるでしょうか?
僕は今でも日本人は勤勉だと言える状況ではないと思います。そんな状況だからこそ勤勉になるべきではないでしょうか。
みんなが自分のために勉強すれば、もっと日本はいい国になると思います。
余裕のある日本だからこそ、余裕のある内に勉強に勤しんでみよう。
自戒の念も込めて。散文失礼しました。
たまにはアウトプットしたいなぁと思ったので書いてみました。
comment 1
02.12
Fri
テストが近づくと決まって「なんで僕は勉強が出来ないんだろう」と思うことが多くなります。
3年後期からは、なるべくネガティブなことを考えないようにしていました。
おかげで、結構いい方向に変わることができたと思います。あくまで自己評価ですが。
明るくなったとはいえもちろん、成績はあんまり変わらず、クラスの真ん中よりちょっと下あたり。
自分ではこの席次が納得いかず、もっと勉強できるようになりたい!と思って勉強しますが、人より効率が悪いのか、成果はなかなかでませんでした。(期間が短すぎるというのも一因だと思います)
まぁ、あんまり成果がでないと言うか自分で納得のいく成果がでないと言う感じです。
昨日気づいたんですが、僕は「人より勉強ができるようになりたい」と思って勉強していたようです。
最悪な言い方をすれば、「人を見下すために勉強していた」のかもしれません。
「こんなことも知らないの?」と言った感じ。(流石に言ったことはないけど)
薄々このことに気づき始めたとき、倫理で習った「無知の知」という言葉を頭の中で連呼。
今思えば、僕は「あいつは僕よりも勉強していないのに」とか、人を批判してばかりでした。
面と向かって「理不尽だ!」と言ってしまったこともありました。(怒鳴ってないよ)
本当に相手には申し訳ないと思っています。情けないです。
今では、これまでのことを反省した上で、「自分の力になるように勉強をしよう」と意気込んでいます。
人との比較ではなく、自分のためになる勉強をしたいと思います。

もう試験は5教科しか残っていませんが、精一杯頑張ろうと思います。
少しだけ成長できた気がします。

勉強するモチベが上がらない人へ
「日本人はバカになった」は本当か
日本は本当に危機かもしれません。自分だけは!と思って必死に勉強しようと思います。
comment 4
05.02
Sat
ソフトウェア系プログラミングはあんまり人にわかってもらえないんです。
辛いです。


青春って人それぞれですが、運動部で汗を流して友達と喜んだり、悔いたりする青春は程遠い気がします。
長岡高等学校のポカリのCM見てそう思いました。
高専って3年で卒業じゃないんだなぁ。ないものねだりですけど・・・。
comment 0
03.27
Fri

あれって・・・だよね
誰かが言う
あれって・・・じゃない?知らないけど
(それは・・・だよ)
知らない世界を知らない人が評価する。
知ってる世界を知ってる人が評価する。
そんな世界

comment 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。